角川グループ、YouTube活用へ 著作権保護ツール検証に協力




 角川グループホールディングスは7月26日、子会社の角川デジックスが、YouTubeの著作権保護ツール検証に協力する、と明らかにした。ツールが有効に働くことが分かれば、YouTube上に角川グループ専用チャンネルを設置するなど、グループの動画作品のプロモーションに生かしていく方針。

 角川デジックスがこのほど、Googleと提携した。角川グループの動画を、YouTubeが開発した著作権保護ツールの検証用に提供する。

 同ツールは、YouTubeに投稿された動画から、メディア企業が提供したコンテンツと一致するものがないかを、声紋などを元に調べるもの。検証には、米国のTime WarnerやWalt Disneyも参加している。

 ツールが有効に働き、違法コンテンツをコントロールできる技術が確立した段階で、角川グループはYouTubeのプロモーション活用を検討する。具体的な活用法は決まっていないが、角川専門チャンネル設置を検討するほか、同社が著作権を持つ動画をユーザーが許諾なしに投稿した場合でも、プロモーションに役立つと判断すれば削除しない――といった対応も考えられるという。

 角川デジックスは、角川グループでネット関連事業やモバイル事業などを手がけており、Second Life関連事業も行っている。

(2007.7.26/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-26 17:22 | インターネット総合  

<< デルのPCが量販店で――ビッグ... microSDがついにSDを逆... >>