動画、CGMサイトはPVが低くても総利用時間比較で人気ポータルに匹敵――ネットレイティングス調べ



 ネットレイティングスは25日、「総利用時間(Total Minutes)」の定義に基づいて算出された、日本のウェブドメインの最新ランキングを発表した。



 総利用時間は、米・Nielsen// NetRatingsが7月10日に発表したインターネット利用動向調査の新指標。FlashやAjaxなどを用いたウェブサイトやストリーミングサービスでは1ページ内に長時間滞在するため、従来指標として使われていたページビューだけでは実力を過小評価してしまう問題があった。今回発表されたランキングは2007年6月の月間データに総利用時間の定義を取り入れたものだ。

 発表によると、利用者数・ページビュー数でトップのYahoo! JAPANが約80.6億分と2位以下を大きく引き離してトップに立った。ついでmixiの11.8億分、楽天市場の10.9億分と上位3位はページビュー数ランキングと同じ順位となった。

 動画サイトではYouTubeが4位、ニコニコ動画が16位、GyaOが21位にランクインしたことにくわえ、mixiをはじめとするWikipedia、2ちゃんねるなどのCGMサイトやコミュニティサイトはページビュー数ランキングより総利用時間の順位が上がる傾向があった。一方、Googleはランキングを下げているが、短時間で目的のサイトに誘導するという検索サイトの特性によるものだ。
(2007.7.25/ RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-25 21:16 | インターネット総合  

<< 違法・有害サイトの年間通報件数... 「ブログを理由に従業員を解雇」... >>