歴史上の人物が楽しんだ京都を見つける新サイト「京都 wiki」がスタート




京都文化維持・推進協会は2007年7月23日、地域、人物、建物名、歴史などのキーワードから、より京都を楽しむための情報を引き出せる新サイト「京都 wiki」を開設した、と発表した。

京都 wiki は、オンライン辞書「Wikipedia」のシステムを採用した、今までにないタイプの京都情報検索サイト。

京都を愛する方々からの記事投稿を受け付けることによって、より幅広い情報の収集、掲載を可能とし、これまで店舗情報や史実など、カテゴリごとに分断されてしまっていた京都情報に有機的なつながりをもたせることが出来るようになった。

また、情報面の充実を図る一方、蓄積された情報を元に「愛京家倶楽部」が有識者や老舗料亭などのサポートを得て、歴史上の人物が食したと思われる食品「復元食品」などの企画、開発を行ってゆくとのこと。

その第一弾として21日に行われた「京都 wiki 開設記念セレモニー」では「坂本龍馬が食した軍鶏鍋」「織田信長が食べた金平糖」の2品が披露された。

(2007.7.23/ japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-24 04:14 | インターネット総合  

<< イオン、今期IT投資4.5倍・... 検索エンジン各社、プライバシー... >>