無料動画配信サービス、消費者の半数が利用-NTTレゾナント調べ



 消費者の半数がインターネット無料動画配信サービスを利用―。このような状況がNTTレゾナント(東京都千代田区、和才博美社長、03・5224・5500)が実施した「ブロードバンドコンテンツ利用実態」調査で明らかになった。同サービスの利用率は06年1月の前回調査比17ポイント増の51・4%に上昇。また未利用者の約6割が今後の利用意向を示している。

 同調査は三菱総合研究所(東京都千代田区)と共同運営しているインターネットアンケートサービス「gooリサーチ」を活用。10―60代の男女3万8017人から回答を得た。無料動画配信サービスの利用頻度は「週1回以下」が全体の約80%を占め、「ほぼ毎日」は5・9%だった。

 無料という手軽さの一方で、CM視聴の煩わしさや動画品質の低さなどを課題に挙げる利用者も多い。特にCMは「全く見ていない」「あまり見ていない」とする利用者が45・5%に上った。無料サービスを安定運営するには広告収入の増加が不可欠。広告主の出稿を促す意味でも動画配信事業者にはCMの見せ方の工夫が求められそうだ。

(2007.7.23/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-23 12:50 | インターネット総合  

<< 「楽しい」「萌え~」――テレビ... 買い物も「指静脈」で、日立が決... >>