Ask.com、「検索履歴を保管しない」選択肢を提供


検索エンジンAsk.comが、プライバシー管理のための新製品「AskEraser」を導入する。

 米IACは7月19日、検索エンジンAsk.comに、ユーザーがプライバシーを管理するための新製品「AskEraser」を導入すると発表した。

 AskEraserを利用することにより、ユーザーは検索履歴情報をAsk.comで保管しない選択が可能になる。プライバシー設定は常時変更でき、設定状況は検索結果ページに表示される。

 AskEraserは年内に米国および英国で導入、来年には世界各国で利用可能となる予定。

 またAskEraserの発表と合わせ、ユーザーのIPアドレスやcookie情報と検索履歴の保管期間を18カ月間とする新たなデータ保管基準を発表した。(2007.7.21/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-23 03:49 | インターネット総合  

<< ネット検索機能 サービス強化 富士通ゼネラル、手書き追記でき... >>