正体は誰?偽アップルCEOのブログが人気

iPhone(アイフォン)の売れ行きが好調な米アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏を名乗るブログが人気を集め、その正体探しがシリコンバレーのちょっとしたブームになっている。

 ブログは昨年6月に始まった。自ら「フェイク(偽)スティーブ」と名乗っており、ジョブズ氏本人が書いていると見せかけるようなことはしていない。しかし、匿名ブログながら内容がウイットに富み、またアップル社やシリコンバレーのハイテク業界の内情が生き生きと描かれているため、最近ではシリコンバレーの「必読ブログ」的存在にもなっている。

 アイフォンが発売された6月29日には、「世界が変わった日」との書き込みが登場。アップル社員に語りかけるという趣向で「私はあなた方を裏切り、侮辱し、理由もなくクビにし、限界を超えてこき使った。だけどアイフォンの開発にかかわることができたのだから、いいじゃないか」と、唯我独尊ぶりで有名なジョブズ氏をちゃかしている。

 ブログの人気上昇とともに、書き手の正体探しもヒートアップ。著名業界記者らが次々と名指しされては否定する騒ぎとなっている。一部には、「偽」を装ってジョブズ氏本人が書いているのでは、との憶測も出ているが、「本人とすれば、あまりに自分をちゃかしすぎている」との意見がほとんどだ。

 ジョブズ氏は、現アップル最高経営責任者(CEO)として、カリスマ的な存在感と人気を持っている。
(2007.7.21/産経新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-22 04:15 | 周辺機器  

<< NTTデータ、医療福祉向け情報... 今度は「シンプソン」便乗スパム... >>