7人に1人「ニンテンドーDS」所有 国内累計1800万台突破





 任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」の日本国内での累計販売台数が1800万台(ライト含む)を突破したことがわかり、ゲーム誌出版社のエンターブレイン(東京)が19日、発表した。ゲーム機史上空前の大ヒットとなったDSは社会現象の域に達し、単純計算で国民の7人に1人がDSを持っていることになる。
 DSは日本で平成16年12月に発売され、「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「おいでよどうぶつの森」「nintendogs」など大ヒットソフトを連発した。さらに昨年3月、小型軽量版のDSライトが発売されてからは各地で品不足が続いている。
 今年3月末時点の全世界での累計販売台数は4029万台となり、国内販売は発売137週目で1800万台を達成した。ゲーム機史上最速のペースで、大ヒットしたソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)2」の倍以上の猛烈なペースで売れ続けている計算になる。
 一方、エ社は同日、任天堂の家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の国内累計販売台数も300万台に達したことも公表した。その一方、PS3の国内販売はWiiの3分の1にとどまっており、SCEはソフト強化などのテコ入れに乗り出している。
(2007.7.21/産経新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-21 16:17 | 周辺機器  

<< 映像の視聴時間に占めるネット動... 電子マネー 1年で1.5倍に >>