ソフォス、最新の「スパム送信国ワースト12」を発表




 ソフォス株式会社は7月18日、2007年4~6月のスパムの最多配信国ワースト12に関する最新のレポートを発表した。世界各地に展開する脅威解析センター、ソフォスラボのリサーチャーが上記期間に受信した全スパムを分析した結果、アメリカのコンピュータから配信されたスパムが全体の19.6%を占めており、アメリカは引き続きチャートのトップに立っていることがわかった。一方で、ヨーロッパからの配信も増加し、ワースト12中、6ヶ国がヨーロッパからチャートインしており、その合計はアメリカを超えている。

 2007年4~6月のスパム送信国ワースト12は、1位アメリカ(19.6%)、2位中国(香港を含む、8.4%)、3位韓国(6.5%)、4位ポーランド(4.8%)、5位ドイツ(4.2%)、6位ブラジル(4.1%)、7位フランス(3.3%)、8位ロシア(3.1%)、9位トルコ(2.9%)、10位(同率)イギリス(2.8%)、10位(同率)イタリア(2.8%)、12位インド(2.5%)、その他(35.0%)となった。なお、日本は1.3%で20位であった。大陸別では、1位アジア地区(35.2%)、2位ヨーロッパ地区(28.5%)、3位北米地区(24.2%)、4位南米地区(9.6%)、5位アフリカ地区(1.6%)となっている。
(2007.7.20/Scan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-20 08:25 | インターネット総合  

<< 社保庁サイト、前年比約5.7倍... <東芝>ノートPCで発火事故3... >>