NTT、NGNのショールームをリニューアル・HD映像配信や災害対策など追加

 NTTは18日、次世代ネットワーク(NGN)を使ったサービスを体験できる東京・大手町のショールームをリニューアルして公開を始めたと発表した。NGNでは通信品質の保証やセキュリティーの高い認証が可能になるなどの利点があり、そうした利点を生かしたサービスを追加した。ショールームは予約制で、8月末までの予約はすでにいっぱいになっているという。

 ショールームには、NTTだけでなくNGNのトライアルに参加している企業が展示物を出品している。

 ソニーは新たにフルハイビジョン画質(1920×1080ドット)の映像で双方向のテレビ会議ができる設備を展示した。企業の会議やテレビ局の中継などに使えるという。ショールームでは遠隔で料理教室を開くデモを実施していた。





 信頼性の高い通信ネットワークを生かした災害対策も展示している。地震が発生した際に震源地から大きな揺れが伝わるまでの時間を知らせることのできる「緊急地震速報サービス」では、伝わるまでの時間をカウントダウンし、どの程度の震度になるかをあらかじめ知ることができるという。

 NTTのNGNショールームは東京・大手町と大阪・梅田の2拠点に設置されている。6月末までの来場者は2拠点合計で1万3500人程度だという。ショールームのホームページ(http://www.ngn-note.jp/)から予約できる。ショールームの開設は12月までの予定となっている。(2007.7.18/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-19 02:04 | インターネット総合  

<< 病院のIT化投資、1病床当たり... 欧州でFirefox 2がIE... >>