SMK、名刺サイズのPLCモジュールを開発



 SMKは機器組み込み用に名刺サイズの電力線搬送通信(PLC)モジュールを開発した。LANで標準的に使われるイーサネットのインターフェースを備えた機器に組み込み、電力線を使って情報を伝送できるようにする。通信速度は毎秒14メガビット(メガは100万)。モジュールを名刺程度に小型化して機器に組み込みやすくした。ノイズ低減回路を実装することで、漏えいノイズを低減し、通信の安定性を高めた。(2007.7.17/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-17 11:38 | 周辺機器  

<< Second Lifeのニュー... 日立、企業のIT機器の運用代行... >>