日立、企業のIT機器の運用代行サービスを開始


 日立製作所は、企業が使うパソコンやプリンターなどIT(情報技術)機器の運用代行(アウトソーシング)サービスを20日から始めると発表した。機器の導入計画策定から貸し出し、運用管理までを一括提供する。IT機器のセキュリティー対策の更新などを迅速に提供できる。5年間で500億円の売上高を目指す。

 新サービス「オフィスITプラットフォームマネジメントサービス」は現状の機器運用状況を診断し、ウイルス対策や情報漏洩(ろうえい)対策に向けた改善計画を提示する。計画に基づき、パソコンやプリンターを企業に貸し出す。(2007.7.17/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-17 10:29 | 周辺機器  

<< SMK、名刺サイズのPLCモジ... 携帯電話、目で本人確認・沖電気... >>