グーグルが断トツ、働いてみたいIT企業・日経HR調査


 就職・転職情報サービスの日経HR(東京・千代田、三谷茂社長)の2007年版IT(情報技術)エンジニア調査によると、IT技術者が働いてみたいIT企業のトップはグーグルだった。将来性や先進性などに対する技術者の評価がほかを圧倒した。グーグルを筆頭に上位は外資系企業が占めており「技術力で勝る外資系が企業イメージでも先行している」(同社)。

 日経HRが今年3月末から4月初旬にインターネットで調査し、IT技術者1173人から回答を得た。働いてみたいIT企業を複数選択で尋ねたところ、回答者の32.6%がグーグルを選び、人気首位。2位の日本IBM(23.3%)や3位のマイクロソフト(22.8%)を大きく引き離し希望率が唯一、3割を超えた。転職時に重視される11の企業イメージのうち、グーグルは「先進性」や「将来性」など五項目で最も多くの評価を集めた(2007.7.16/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-16 09:20 | インターネット総合  

<< 携帯電話、目で本人確認・沖電気... 米Linden Lab、「Se... >>