日立、IT機器の導入から運用管理まで一括で請け負うサービス開始



 日立製作所は12日、パソコンやファイルサーバなどオフィスで用いるIT機器の導入計画策定から運用管理までの業務を一括で請け負うサービスを20日に始めると発表した。IT機器の管理をアウトソーシング(外部委託)できるため、企業の情報システム部門の業務負担が軽減する。国内320カ所のサービス拠点からの出張サポートも提供し、故障などのトラブルにも迅速に対処する。大企業や官公庁、大学などに提案。5年間で500億円の売り上げを見込む。

 新サービス「オフィスITプラットフォームマネジメントサービス」はIT機器の導入前に現状の運用体制を診断し、改善計画を策定。日立製作所から派遣された専任スタッフが客先に常駐し、ソフトのライセンス管理や機器の増設・移設、情報漏えい対策といった運用管理を代行する。

 IT機器の貸し出しや廃棄などのサービスのほか、ログイン時のパスワードを忘れた場合など社員からの問い合わせを受け付けるヘルプデスクの設置も行う。(2007.7.13/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-13 19:25 | 周辺機器  

<< 台風を全国から「実況」 全国1... 迷惑広告メール禁止、受信者の承... >>