総務省、参院選の投票日までの時間をカウントダウンするスクリーンセーバー



 総務省は、第21回参院選の公示に伴い、投票日までの時間をカウントダウンする「参議院選挙2007 カウントダウンスクリーンセーバー」を公開した。Windows 2000/XPに対応するフリーソフトで、現在参院選の特設サイトからダウンロードできる。

 「参議院選挙2007 カウントダウンスクリーンセーバー」は、第21回参院選の投票日までの時間をカウントダウンするスクリーンセーバー。起動すると、アンティーク調の家具やインテリアで彩られたオシャレな洋室を背景に、16セグメントディスプレイ風のデジタル時計で、7月29日の投票日までの時間をカウントダウン表示する。

 今回の参院選では、公的年金という身近な問題が争点となっているため、例年よりも国民の関心度が高い選挙と言えるだろう。しかし、忙しい日々を送っているとついつい投票日を忘れがちになり、当日になってバタバタするといったケースも多いはずだ。そこで本スクリーンセーバーを利用して、自分自身だけでなく家族や職場の同僚などへも、投票日が迫っていることをさりげなく通知してみてはどうだろうか。

 なお投票日が過ぎると、本スクリーンセーバーはカウントダウンの代わりに現在の日時を表示するようになるので、選挙が終わってもオシャレなデジタル時計として利用できるのはうれしい。
(2007.7.13/ Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-13 16:18 | インターネット総合  

<< 新生銀行のフィッシングサイトが... 携帯電話ユーザー、数字の記憶力... >>