ネット仮想空間「セカンドライフ」に野村証券が出店へ




 野村証券は18日、インターネット上の仮想空間「セカンドライフ」に、投資商品などを紹介する仮想店舗「ノムラ キューブ」を開く。

 利用者が「アバター」と呼ばれる分身を操作してパネルやポスターの前まで進むと、投資信託などの情報が見られ、投資セミナーを聞くこともできる。株式などの売買はできない。

 野村は仮想店舗と同じデザインの情報発信拠点をショッピングセンターなどに置く計画を進めている。
(2007.7.13/ 読売新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-13 13:14 | インターネット総合  

<< 携帯電話ユーザー、数字の記憶力... ミクシィ、動画投稿サービス利用... >>