往年の名ソフト、復活! ――大幅アップグレードされた「Mathematica 6」日本語版





 米・Wolfram Researchは12日、数式処理システム「Mathematica 6」日本語版を発表した。価格は標準版が42万4,000円、教育機関用が19万2,000円、学生用が2万5,000円。



 Mathematica 6日本語版では、1行の入力行から高度なインタラクティブインターフェイスが作成できる「動的インタラクティブ機能」、高性能関数、およびデータグラフィックスの自動作成が可能な「高インパクト適応型可視化機能」、標準データ形式の自動統合が可能な言語、数学・物理学・科学・金融・地理・言語学などのためのロードオンデマンドデータなどが新たに搭載された。また、簡単なプログラムから任意のインターフェイスを作成できる「記号的インターフェイス構築」も利用できる。

 対応OSは、Windows XP/Vista/2000/NT、Mac OS X、Linux x86/Itanium。
(2007.7.12/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-12 18:55 | PC  

<< 1枚に100コマ 画像が“動く... MS、Windows Live... >>