ソフトバンク、チタンボディの「814T」を14日発売





 ソフトバンクモバイルは、サブディスプレイ周辺のボディにチタン素材を採用した、東芝製折りたたみ型3G端末「814T」を7月14日に発売する。

 「814T」は、日本で初めてチタン素材を採用した携帯電話。大きさが約50×101×14mm(最薄部12.9mm)、重さが約97gとなっており、チタン素材を採用したことで「高い強度を保持しながら薄型・軽量を実現した」(ソフトバンク)ことが特徴とされている。

 196万画素CMOSカメラや、2.4インチで最大26万色表示、QVGAサイズのTFT液晶ディスプレイを装備し、最大2GBまでのmicroSDカードが利用できる。おサイフケータイ(S!FeliCa)やPCサイトブラウザ、ライブモニター、ホットステータス、Yahoo!mocoa、S!タウン、アレンジメール、3Gお天気アイコンなどが利用できる。セキュリティ関連では顔認証機能やICカードロックが用意される。

 全5色のラインナップだが、7月14日に発売されるのはチタンシルバー、ブラウン、ネイビーの3色。ライトブルーとローズピンクについては、当初は登場せず、準備が整い次第、発売される予定という。
(2007.7.11/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-11 21:40 | インターネット総合  

<< マイクロソフト、7月の月例パッ... ネット利用の小学生、7割が「宿... >>