国内初のスマートフォン向けウイルス対策ソフト、シマンテック




 シマンテックは7月10日、 Symbian OS搭載のモバイル機器向けのウイルス対策・ファイアウォール統合ソリューション「Symantec Mobile Security 4.3 for Symbian OS」を発売した。企業向けの携帯電話向けウイルス対策ソフトは国内初という。Symbian OS 9およびノキアSeries 60バージョン3を搭載したスマートフォンに対応する。国内向けとしては昨年末に発売されたノキアE61シリーズに対応する。販売店やシステムインテグレーターを通して販売する。価格は5~24ユーザーで1ライセンス当たり6180円など。

 同ソリューションでは、ウイルス、トロイの木馬、ワームなどSymbianファイルを利用した攻撃を防ぐ。ウイルスに対してはリアルタイムの自動スキャン、オンデマンドスキャンによってスマートフォン内のファイルを保護。最新のウイルス定義ファイルは無線インターネット接続時に行う。ファイアウォールはインバウンド・アウトバウンド両方向の接続を検出し、ルールに基づいて許可の有無を判断する。
 ショートメッセージを送ることでリモートからクライアントアプリケーションを操作し、ウイルススキャンや定義ファイルの更新を実行することもできるほか、インテリシンクのモバイル向けソリューションと組み合わせることで、システムの管理者は、各端末のセキュリティポリシーの設定やロック、監視を行える。

 なお、同社広報部によれば、約2年前にヨーロッパでSymbian OSをターゲットとしたワームが流行したことはあるが、現状としては脅威となる不正ソフトや攻撃の数自体は減っているという。
(2007.7.10/@IT)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-10 19:35 | 周辺機器  

<< NTTレゾナント、地図サイト上... Storm Worm攻撃、今度... >>