ハッカーグループ、iPhoneのロック解除法を公開へ




 発売から1週間ほどしか経過していないAppleの「iPhone」について米国時間6月6日、有志によるグループがiPhoneのロックを解除したとWikiサイトで発表した。AT&T以外のキャリアでもiPhoneを利用できる可能性がある。

 このグループのウェブサイトは「iPhoneを購入時よりもすばらしくしたい人のためのウェブサイト」と名乗っており、ミラーサイトとともに、iPhoneの「機能を拡張する」インターネットツールを公開する予定だとしている。ウェブサイトでは、iPhoneのロックを解除する行為を行えば製品保証は無効になると同サイトは警告している。このサイトは先週iPhone OSのルートパスワード解明に成功したと発表したのと同じウェブサイトだが、このクラッキングが必要かどうかは不明だ。

 同ウェブサイトがリリースしようとしているツール「iPhoneInterface」は、iPhone上のどのアプリケーションでも動き、iPhone上のあらゆるプロセスを管理し、ファイルを移動することができるという。また、運行を復旧する間に重要な情報を閲覧でき、iTunesなしにアクティベーションできるという。だが、最初のリリースでは、上にあげたすべては実現しないようだ。先週初め、「DVD Jon」として知られるプログラマーもAT&Tに加入することなくWiFiやiPod機能をアクティベートする方法を公開している。
(2007.7.9/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-09 17:18 | 周辺機器  

<< Blog の影響力を計測・分析... エコヒルズ、初心者でも簡単操作... >>