「ニフニフ」「グフフ」が示す、ニフティの危機感と変化


 「ニフティはいったい、どうしてしまったんだ」――6月11日に公開された「ニフニフ動画」を見て、そんな感想を持ったネットユーザーは少なくないだろう。「ニコニコ動画」とそっくりな機能と名称は、老舗ISP・ニフティのまじめで手堅いイメージとはかけ離れており、大きな反響を呼んだ。

 「このままでいいのだろうか。変わらなくてはならない」――「ニフニフ動画」は、同社のそんな危機感の現れだ。「気が付くと、20年前とは状況ががらりと変わっていた。当たり前のことなのだが……」

●薄れるISPの存在感

 ニフティは、ネット業界で最も古い伝統を持つ企業の1つだ。1986年に創業。パソコン通信「NIFTY-Serve」の運営者として大きな存在感を示し、インターネット時代到来後は大手ISPとしてシェアを獲得してきた。

 ブロードバンド普及につれ、ISPの存在感は徐々に薄れてきている。ダイアルアップのナローバンド時は、回線をつなぐたびにアクセスポイントが画面に表示されるなど、ISPを意識する機会は多かったが、ブロードバンドは1度つなげば、ISPを意識することはほとんどない。

 「誰かに聞かれれば『ニフティだったかな?』と思うぐらいでは」――同社コーポレートコミュニケーション室長の津田正利氏は、ブロードバンドサービスプロバイダーとしてのニフティの存在感をこう表現する。

 ISPの“姿”が見えなくなったのは、インフラとして十分に進化したということでもあり、収益さえ上がっていればそれでいい、という考え方もある。同社の07年3月期の連結決算を見ると、売り上げの9割近くをISP事業で稼ぎ出しており、安定した収益源になっている。

 「当社はISPをベースに事業を広げており、FTTH拡販にも力を入れてきた。それは間違っていなかったと思うが、FTTHが普及してしまえば後はシェアの取り合い。今後はそれほど大きな拡大が見込めない」。昨年末に東証二部に上場し、いっそうの収益拡大を求められる同社としては、次の収益の柱を早急に育てる必要がある。

 2003年に大手ISPとして始めてブログサービスに参入して「ココログ」を始めるなど、同社はISP会員向けを中心に、ネットサービスにも力を入れてきていた。ココログは、2005年末にISP会員以外でも無料で利用できるようにしたほか、ISP会員限定だったメールサービスも、この6月に一般開放するなど、徐々にサービスをオープン化している。

 「当初は、当社の線をつないでくださっている方に付加価値サービスとして楽しんでいただければ、と考えてきた。だが気が付くと、『誰でも使っていただけます』というサービスが世の中を席巻し、ISPよりもポータルやネットサービス運営企業――Yahoo!JAPANやGoogle、はてなのような――がネットの中心のような状況になってきて、われわれはこれでいいのだろうか、と考え始めた」

 「ニフティでもBIGLOBEでもYahoo!BBでも、どんなISPを利用している方にも、ポータル『@nifty』を見に来てほしい」――「ニフニフ動画」を始めとした「はみだし@nifty」の企画は、“変わりつつあるニフティ”を端的に示したサービスだ。

●「変わらなきゃ」が生んだ「ニフニフ」

 「NIFTY-Serve時代、当社はフォーラムに集まったユーザーの声を集め、発信してきた。いまで言うCGM(Consumer Generated Media:ユーザー生成したメディア)と同じ。そういった“本当のニフティらしさ”に回帰するためにも、これまでのニフティの“規格”ではできなかったことをやりたい」

 新サービス開発は従来から力を入れていたが「社内で開発するとどうしても“ニフティらしさ”にひきずられてしまう」ため、元・ライブドア幹部が設立した企業・ゼロスタートコミュニケーションズに開発を依頼し、自由な発想でサービス構築してもらった。第1弾として発表したのが、ニワンゴの人気サービス「ニコニコ動画」に名前もサービス内容もそっくりな「ニフニフ動画」だ。

 ニコニコ動画は、動画に重ねてユーザーがコメントを入れ、同期して表示するサービス。これに対しニフニフ動画は、動画の直下のスペースに配置したティッカーにコメントを表示する。仕組みは若干異なるが、動画にコメントを重ねられるというコンセプトは同じ。「やっぱり元祖は、ニコニコ動画ですよね」と津田さんは素直に認める。

 「本当にそんなサービスをやるのか」――経営陣も含め、迷いはあったという。動画にコメントをつけるというだけの単純なサービスで、内容からネーミングまで他社サービスにそっくり。「いままでのニフティならもっとサイトを作りこみ、機能を盛り込んでから発表しただろう。『人のまねをするのか』というプライドもある」

 だが公開すると決断した。「新しい一歩を踏み出すためにも、やろうと」。@niftyの正式サービスではなく、「はみだし@nifty」という新コーナーの中に入れ込んだ。「雑誌で言うと別冊付録のような位置づけ。既存サービスとあまりにテイストが異なるので、同じ枠に入れるとユーザーさんがびっくりするだろうから」

●「何で?」と驚くほど高アクセス

 ニフニフ動画はユーザーから注目を浴び、アクセスは想定を大きく上回った。「他社さんの検索キーワードランキングの上位にも入ったようで、正直『何で?』と驚いた」。寄せられた意見は賛否両論。「やりすぎだ。節操がない」などという否定的な意見の方が多かったが「ここまでやるとは見直した」といった肯定的な意見もあった。「肯定的な意見は表に出にくいもの。1つ2つでもあるとうれしい」

 ニフニフのヒットは、社内にも強烈なインパクトをもたらしたという。「これまでのニフティではできなかったことが、ゼロスタートの力を借りることで可能になり、うれしいと同時に悔しくもある。なぜああいう企画でここまで興味を持ってもらい、話題を呼べるのか――社内の考え方も変えなくてはならないと、改めて考え直すきっかけになった」

 ゼロスタートが開発した「はみだし@nifty」の第2弾サービス、「グフフ動画」も好評だ。動画を再生しながら、面白いシーンなら「グフフ」ボタンを、つまらないシーンなら「ブー」ボタンを押すというだけのサービス。「私には遊び方が分からない」と津田さんは苦笑するが、ユーザーが遊び方を開発していく様子を興味深く見ているという。

 第3弾サービスもすぐに公開する予定だったが、「ニフニフ」「グフフ」が想定以上に人気のため、まずは両サービスの改良に力を割き、第3弾は落ち着いてから公開する計画だ。

●各サービスをつなぐ「ビデオ共有」「アバウトミー」

 社内で開発したサービスも、ここ数カ月で立て続けに発表している。動画共有サービス「ビデオ共有」や、プロフィールサービス「アバウトミー」、ユーザーがやりたいことを公表しあう「したい!やりたい」などで、ユーザーがコンテンツを発信するCGM型サービスだ。

 それぞれ単体での収益化よりも、@niftyの既存サービスをつなぐハブとしての役割を想定して開発したという。例えば動画共有なら「@niftyトラベル」の旅行ビデオをアップできるようにしたり、アバウトミーなら、@niftyのユーザー参加型サービスを横串でつなげるようにする、といった具合だ。

 「単品のサービス展開はベンチャー企業もできるが、ニフティの強みは既存サービスを生かした複合体。mixiと同じことをやっても仕方がないが、ニフティはmixiがないものを持っている」

 サービスの壁を越え、同じ趣味・嗜好を持つ「『フォーラム』のような」ユーザーコミュニティーを構築するのが最終的な狙いだ。ビジネス面では、それぞれのコミュニティーに合った広告を出稿したり、デジタルアイテムを販売するといっ展開を想定しているが「まだサービスを始めたばかりでビジネス化は検討段階。下期以降にめどを立てていきたい」。

●携帯にも参入 若い世代を狙う

 携帯電話向けサービスにも注力している。「ネット端末は、PCだけではない。なぜいままで携帯をやっていなかったのか――という反省のもとに始めた」。昨年後半からスポーツ、災害、芸能、パチンコ情報サイトなどをスタート。携帯コンテンツはすでに強力なサプライヤーがひしめいているため「穴を狙った」といい、それぞれ、他にはない独自コンテンツをそろえることでアクセスを伸ばしてきた。

 10代女性をターゲットにした無料デコメール素材提供サービス「デコゲット」もこのほど始めた。女子高生などターゲット世代に綿密なリサーチを行って構築したサービスで、設計からネーミングまで現場に任せた。「『デコゲット』という名前もいいかどうか分からなかったが、年配の幹部が議論しても仕方がない」

 携帯サービスは“ニフティユーザー”の年齢層を一気に引き下げようという試みでもある。「わたしたちは10代向けサービスをほとんど作ったことがなかった。20年前のパソコン通信から使ってくださっているユーザーさんは、当時20~30代が中心だからいまは40~50代。気付いたら年齢層が上がっていた」。パソコン通信から培ってきたブランドやISPのインフラと関係ない携帯電話という新世界で、次世代のユーザー層を獲得しようと試みる。

 「『変わります』と言うだけなら簡単だが、実態を示さないと意味がない」――「ニフニフ」「グフフ」「デコゲット」など、“ニフティらしくない”サービスを展開することで、同社は老舗ISPの殻を破り、新たなステージに向かおうとしている。
(2007.7.7/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-07 15:24 | インターネット総合  

<< 米グーグル、図書電子化で慶大と... リコー、QRコードで定型業務を... >>