手のひらワンセグ、防水、HSDPA+音楽、極薄、グローバル──ドコモ704iシリーズ発表



 ドコモが70xiシリーズの新モデル「704i」シリーズ全8機種を発表。ワンセグ2機種、HSDPA 1機種、国際ローミング対応4機種、WMA再生対応3機種など90xiシリーズに迫る特徴を持ち、スリムボディや金属素材による上質感、防水性能など、流行のデザインや性能を兼ね備えて登場する。



 2007年5月に発表したハイエンドモデルの「904i」シリーズに対し、販売価格を抑えつつ、音楽やワンセグなどのさまざまな特徴を持つ704iシリーズ。今回は、手のひらサイズのコンパクトさを実現するワンセグ端末「D704i」(三菱電機製)、水周りで使える防水性能と17.9ミリの薄型ボディ、WORLD WING対応の「F704i」(富士通製)、HSDPA+3G/GSM対応の高速グローバル&ミュージック端末「L704i」(LG電子製)、薄型の“フラットスライド”ボディ+定額制の“うた・ホーダイ”に対応する「P704i」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、最薄部17.7ミリのスリムアルミカバー付きボディにワンセグを搭載する「SH704i」(シャープ製)、2.7インチのワイドディスプレイとイルミネーション+パネルを着せ替えられる「SO704i」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)、厚さ11.4ミリの極薄モデルのリニューアル版「N704iμ」(NEC製)と「P704iμ」(パナソニック モバイル製)の、通常モデル6機種と極薄「iμ」モデル2機種を用意する。


 ワンセグ搭載モデルはD704iとSH704i、HSDPA対応モデルはL704i、FeliCa搭載モデルはD704iとF704i、P704i、SH704i、SO704i、国際ローミング(WORLD WING)対応モデルはL704i(3G/GSM)とF704i(3G)、N704iμ(3G)、P704iμ(3G)、うた・ホーダイ対応モデルはP704i、WMA再生対応モデルはD704i、F704i、P704i、折りたたみボディはSO704i、F704i、N704iμ、P704iμ、回転2軸ボディはSH704i、スライドボディはL704i、D704i、P704iとなる。

 今回、主力の70xiシリーズに初めて韓LG電子製端末が加わった。ドコモ向けのLG電子製端末は、過去にSIMPUREシリーズとして「SIMPURE L(L600i)」(2006年4月発売)と「SIMPURE L1(L601i)」(L1の1は上付き、以下同/2006年11月発売)、そして6月29日に携帯ゲーム機 ゲームボーイアドバンスのデザインを手がけたグエナエル・ニコラ氏デザインの「SIMPURE L2(L602i)」を発売。ソフトバンクモバイル向けに多くの端末を供給するSamsung電子と同様に、韓国の大手メーカーが国内向けに本格的に参入。今回投入するL704iは70xiシリーズで唯一、最大3.6Mbpsで通信できるHSDPAおよびGSMネットワークにも対応する国際ローミング対応機として登場する。
(2007.7.4/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-04 18:29 | 周辺機器  

<< BSA、「違法コピーの密告に1... 「SO903iTV」にデータ消... >>