「SO903iTV」にデータ消失の不具合、販売は一時停止



 NTTドコモは、ソニー・エリクソン製のワンセグ対応FOMA端末「SO903iTV」において、アドレス帳やメールなどのデータが消失する不具合があることを明らかにし、販売を一時停止した。

 今回明らかにされた不具合は、SO903iTV内に保存されたアドレス帳やメールなどのデータが消失する場合があるというもの。同社によれば、対象台数は7月3日付けで約27,000台。ユーザーからの申告は7月2日までに95件寄せられている。ただし、現在のところ、原因は調査中であり、事象が発生するプロセスや回避方法は判明していない。販売については、対象者の拡大を防ぐため、一時停止されることになったという。

 同社では対象のユーザーに対して、ダイレクトメールを送付するなどの対応を準備しているが、当面はmicroSDカードやドコモショップ店頭の「DOCOPY(ドコピー)」などでデータのバックアップを行なうよう勧めている。なお、ダイレクトメールには、microSDカードが同封される予定という。

(2007.7.4/Impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-04 18:27 | 周辺機器  

<< 手のひらワンセグ、防水、HSD... ユビキタスネットワークがGDP... >>