NTTグループ、公衆無線LAN無料サービス

 NTTグループはカフェや駅などでネットに接続できる公衆無線LAN(構内情報通信網)の無料サービスを7月上旬に始める。無線LAN対応のパソコンは普及しているものの、外出先で利用する消費者は一部に限られている。機能や接続時間を制限した無料サービスでまず利用者を拡大し、グループ各社の有料サービスに誘導する狙い。

 NTTグループの無線LAN接続エリアは全国2100カ所以上。うちサントリー子会社が運営するカフェ「プロント」の店舗や京浜急行電鉄の駅など約200カ所で無料サービスを開始、スポーツニュースや天気予報を配信する特設サイトに常時接続できる。名前やメールアドレスを入力すれば、期間限定で1日10分間、一般サイトへの接続も可能。(2007.7.2/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-07-02 09:49 | インターネット総合  

<< NTTデータ先端技術、オールイ... 米アップルの「iPhone」、... >>