大正時代の図書1万5700冊、JPEG画像で公開







 国立国会図書館は、明治時代の図書をJPEG画像で公開している「近代デジタルライブラリー」に、大正時代の図書約7200タイトル・約1万5700冊を追加し、7月3日から公開する。



 国会図書館が所有する大正時代の図書全9万冊のうち、著作権の保護期間が切れたものや、著作権処理が完了したものを公開する。明治の図書と合わせた公開図書数の合計は約14万3000冊になる。

 ブラジル移民のためのガイドブックとして1924年に出版された「ブラジル移植民地写真帖」や、1915年に行われた第1回全国中等学校優勝野球大会(現在の全国高等学校野球選手権大会)の写真が掲載されている「野球歴史写真帖」などが閲覧できる。

 追加図書の一覧は、同サイトのトップページで表示。CSV形式でダウンロードできるようにする。今後も著作権者の調査や著作権処理を進め、公開図書の数を増やす。

 図書追加にあわせて、全画像を、これまでのモノクロ画像よりも細かく白黒の濃淡を表現できるグレースケール画像に変更する。
(2007.6.29/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-29 17:36 | インターネット総合  

<< 刻々と進化するマルウェアの「自... 「iPhoneの利用は慎重に」... >>