Google DesktopがLinuxに対応




 米Googleは6月27日、デスクトップ検索ソフト「Google Desktop」のLinux版(β版)をリリースした。


 Linux版はテキスト、PDF、PS、ソースコード、HTML、Thunderbirdの電子メール、OpenOffice.org文書、画像、音楽などコンピュータ内のほとんどのファイルを検索できる。前のバージョンのファイルを探したり、うっかり消してしまったファイルを復元することも可能という。

 コンピュータ内とGmailやWeb検索履歴、Webを簡単に同時に検索することも可能。オフライン時にGmailとWebの履歴にアクセスすることもできる。Webとデスクトップを検索できる「Quick Search Box」も利用できる。

 Linux版Google Desktop β版は、英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、オランダ語、中国語(繁体字および簡体字)、日本語、韓国語、ポルトガル語で提供されている。対応OSはDebian、Fedora Core 6、Ubuntu 6.10、SUSE 10.1、Red Flag 5。Googleのサイトから無料でダウンロードできる。
(2007.6.28/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-28 15:19 | インターネット総合  

<< シマリスのパロディ動画を集めたサイト 携帯利用者、世界人口の半数相当... >>