IBM、旧版より3倍高性能なスーパーコンピュータ発表



 米IBMは6月26日、第2世代スーパーコンピュータ「Blue Gene/P」を発表した。世界最速とされている第1世代のBlue Gene/Lと比べて、性能が約3倍に向上しているという。


 Blue Gene/Pの性能は1P(ペタ)FLOPS(1秒間に1000兆回の演算が可能)を超えており、構成によっては3PFLOPS到達も可能。さらにほかのスーパーコンピュータよりも電力効率が7倍以上高いとIBMは述べている。

 同システムは旧世代同様にモジュール式の設計で、必要に応じて追加可能なラックで構成される。1つのBlue Gene/Pチップに4基のIBM PowerPC 450プロセッサ(850MHz)を統合し、各チップは1秒間に136億回の演算ができる。このチップを1枚の基板に32個載せる。OSにはLinuxを採用。

 1PFLOPSの構成のBlue Gene/Pは29万4912個のプロセッサを搭載。最高で88万4736プロセッサにまで拡張でき、このときの性能は3PFLOPSとなる。

 前世代のBlue Gene/Lと比べると、Blue Gene/Pはチップに載せるプロセッサが2個から4個に増え、プロセッサのスピードも700MHzから850MHzに高まった。メモリも増え、新しいSMP(対称型マルチプロセッシング)モードで、マルチスレッドアプリケーションをサポートする。

 IBMは既に、米エネルギー省アルゴンヌ国立研究所、独研究機関Max Planck Society and Forschungszentrum JulichなどからBlue Gene/Pの発注を受けている

(2007.6.27/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-27 18:40 | PC  

<< MSN が毎日から産経に提携先... 通販で注文した品、届く前に運送... >>