Adobe、ビデオ制作ソフト「Visual Communicator 3」発表


「Adobe Visual Communicator 3」は最大で3台のカメラプレビューやブルーバックを映像やグラフィックと入れ換える機能を提供する。

 米Adobe Systemsは6月25日、ビデオ制作ソフト「Adobe Visual Communicator 3」を発表した。

 同製品は初心者や教育関係者を対象としており、遠隔学習や校内放送のためのビデオ作成に適しているという。バージョン3では、ドラッグ&ドロップ方式のテンプレートや新しいウィザードで、経験の浅いユーザーでもネット経由でストリーミングビデオを作成できるよう支援する。

 ユーザーは録画中に最大で3台のカメラをプレビューしたり、切り替え機能を使ったインタビュー風のライブ放送ができ、出演者が遠くからでも原稿を読めるフルスクリーンのテレプロンプター機能もある。ブルーバックを映像やグラフィックと入れ換えたり、Flash技術を使って配信するライブビデオも制作できる。AdobeのPhotoshopやPremiere Proで作成したデジタル写真コレクションやビデオにナレーションを付けることも可能だ。

 Adobe Visual Communicator 3は秋にWindows向けに英語版がリリースされる。フルバージョンの推定小売価格は399ドル、アップグレード版は149ドル。教育関係者は169ドルで購入できる。(2007.6.26/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 18:46 | PC  

<< 「名刺に QR コード」は3%... 宣伝ジョーズ、クローラを活用し... >>