Liveサーチ、「コンテクスチュアルサーチ」を開始 - MSNに導入

マイクロソフト、クリックだけで関連情報を得られる「コンテクスチュアルサーチ」を提供開始。


マイクロソフト株式会社は2007年6月26日、サイトにあるキーワードに関連する検索結果を自動表示させる検索機能「コンテクスチュアルサーチ(仮)」をMSNに導入した。




コンテクスチュアルサーチでは、MSN内で事前に設定されたキーワードにマウスのカーソルを合わせるだけで、そのキーワードに関連するサイトがMSNサイト内検索、ウェブ検索、画像検索を合わせ最大5件、自動的に表示される。サイト内で新たに検索ページを立ち上げたり、検索窓へのキーワードの入力を行うこと無く検索ステップを短縮でき、知りたい情報にすばやくたどり着けるため、サイトをさらに効率よく深く楽しむことが可能になるとしている。

なお、海外で同様のサービスとして、米Yahoo!が2005年にリリースした「Y!Q」があり、Yahoo! Newsで提供されている。Y!Qは一般サイトオーナーも導入可能で、「Related Search Results」をクリックするとフローティングウインドウが開き、閲覧ページと関連する検索結果を表示することが可能だ(2007.6.26/SEMリサーチ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 16:33 | インターネット総合  

<< Googleが更にシェア拡大、... NECエレ、解像度800万画素... >>