ありそうでなかったWebスケジュール共有ソフト『ホットスケジューラ』を無料配布

北都システム株式会社は、中堅・中小企業へのIT化支援の一環として、手軽・簡単・便利に利用できるWeb型スケジュール共有ソフト『ホットスケジューラ』の無料配布を開始する。
『ホットスケジューラ』は、企業内LANさえ構築されていれば、社員同士のスケジュールを共有したり、会議室予約などに利用できる、Web型のスケジュール共有ソフト。
自由にグループ分けしたメンバーのスケジュールを一画面にまとめて、時系列にグラフィカルなバー(線表形式)で参照できるため、今、誰が、何をしているのか一目で把握することができる。また、Webシステムでありながら、マウスでバーを引くだけでスケジュールの登録/編集ができるため、パソコン初心者でも簡単に利用できることが特徴となっている。

ダウンロードサイト:http://www.hscnet.co.jp/product/scheduler
※ダウンロード開始は、2007年7月2日(月)から

(2007.6.26/CWS)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-26 11:40 | インターネット総合  

<< 「Vistaの検索機能に対する... 民放各局、「セカンドライフ」で... >>