Mac OS X「Leopard」のベータ版が流出




 Appleが開発者向けに配布した、「Mac OS X」の次期バージョン(開発コード名:Leopard)のベータ版が、ファイル共有サイトからダウンロード可能になっている。

 Appleの法務部門は過去に、こうした事態を問題視してきた。少なくとも2005年4月にリリースされたMac OS Xの現バージョン(開発コード名:Tiger)のベータ版で同様の事態が生じたときには、訴訟を起こしていた。

 このたび、開発コード名「9A466」というビルドが英国サイトOinkにあるのを CrunchGear が見つけた。同ビルドは現在はPirateBayにも存在する。

 Crunchgearのサイトのコメントには、Oinkからはそのビルドは削除されたとも書かれているが、本記事執筆時点で同ビルドはまだPirateBayに存在する。Leopardの正式版は2007年10月にリリース予定である。
(2007.6.25/CNET Japan)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-25 17:29 | PC  

<< iPhoneにWord、Exc... 中国東北地方でソフト産業連携・... >>