ゲーム大手のSCE離れ進む・任天堂向けソフト逆転へ

 バンダイナムコゲームスやセガなどゲームソフト大手が、ソフト開発の比重をソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)向けから任天堂に移している。バンダイナムコとセガは2007年度に発売する任天堂向けソフト数を前年度比で倍増を計画。SCE向けはヒットが見込める大型作品に絞って開発を進める。カプコンを加えた大手3社の出荷本数は任天堂向けがSCE向けを逆転する見通しだ。

 任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」や据え置き型「Wii(ウィー)」の好調な売れ行きに対し、SCEの高機能機「プレイステーション3(PS3)」は伸び悩んでいる。ソフト各社は任天堂ゲーム機の普及をみて矢継ぎ早に新作を投入。一方で高い性能が売り物のPS3向けソフトは製作費が膨らむ傾向にあり、慎重にならざるをえない。
(2007.6.25/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-25 09:42 | 周辺機器  

<< 中国東北地方でソフト産業連携・... 若槻千夏:「ガンガン書きます」... >>