ニフティ、お次は“へぇ~”ボタンならぬ“グフフッ”ボタン







 ニフティは、同社の運営するインターネットサービス“@nifty(アット・ニフティ)”からはみ出した規格外企画「はみだし@nifty」で、動画内の面白い場面をグラフ表示する「グフフ動画β(ベータ)版」サービスを開始した。


 「グフフ動画β版」は、「YouTube」に投稿されている動画のさまざまな場面に対し、ユーザーがWeb上のボタン「グフフッ」(面白い)と「ブ~」(つまらない)をクリック(投票)することで、面白い、つまらない場面をグラフ表示するサービスだ。今後はYouTubeだけでなく「@niftyビデオ共有 β」にも対応させる予定だ。

 動画投稿サービス上に掲載されている動画URLを「グフフ動画β版」に投稿することで、ユーザーは感想を投票できる。投稿はカテゴリ付けにより分類でき、投稿タイトルなどで検索することが可能だ。また動画をブログパーツ化し、ブログに掲載することもできる。

 コメント投稿するには「PLEASY ID」が必要になる。ただし「@nifty ID(アット・ニフティID)」をもつユーザーおよび「@nifty ID登録ユーザ」は、自分のユーザーIDとパスワードで利用できる。
(2007.6.21/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-21 18:55 | インターネット総合  

<< 「呉越同舟?」ソフトバンクとイ... 仮想都市空間に「吉祥寺」現る >>