ネットコンテンツの流通拡大


この調査は、総務省がインターネットの利用者およそ2000人を対象に行ったものです。それによりますと、ネット上で映像や音楽などのコンテンツを購入した経験がある人は全体の76%に上りました。また、一人あたりの月の平均利用額は1299円で、分野別では映像系のコンテンツが平均で723円と最も多くなっています。総務省では、光ファイバーの普及や携帯電話の技術の進歩でデータをやり取りする速度が速くなり、通信環境が整ってきたことや、ネット配信事業に参入する企業が増えていることから、今後もネット上でのコンテンツの流通は増加が続くと見ています。(2007.6.21/NHK)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-21 14:29 | インターネット総合  

<< エイズ問題の啓発狙う? USB... Webサイトを人質にとって「み... >>