バーチャル握手も実現、3D映像を触感できる「Tangible-3D技術」




NTT コムウェアは、2007年6月20日、リアルタイムの実写3D映像を触ることができる次世代のコミュニケーションインターフェイス、「Tangible-3D技術」を開発したと発表した。

NTT コムウェアではすでに、カメラ2台を使って撮影した実写映像を、リアルタイムに3D合成して配信するシステムを開発しており、「Tangible-3D技術」はその技術を拡張したもの。

撮影した映像を画像処理し、ソフトウェアで被写体の触感情報をリアルタイムに配信。配信された3D映像は、専用眼鏡が不要な3Dディスプレイで表示、同時に配信された触感情報は専用の触感デバイス装置で再現する。

この技術によって、遠隔地の実写映像を3D映像として立体知覚すると同時に、専用装置により実際に被写体にふれた感覚を実感できる。

例えば、この3D映像と触感情報の同時知覚により、受信側がリアルタイムに擬似的な握手体験をすることができる。

現段階では送信側と受信側が1対1の構成での実証実験が行われたが、今後は1対多の構成、双方向の構成を実現するための検討および実証実験を進める予定。

また、専用のモニターで3D映像を体験するために、現状では視聴位置が1点に限定されているが、今後は様々な位置からの視聴を可能にするための技術についても研究を進めていくという。

今後の発展利用イメージとしては、化石等の展示物について立体視しながら触感を得ることができる「Tangible-3D博物館」や、陶芸等の遠隔教室で、教師が製作の解説をしながら生徒に作品を立体的に見せると同時に、形状などの直感的な情報を触感として伝える「Tangible-3D遠隔教室」、会話をしながら握手をしたり、手元にある物体を相手に触ってもらったりできる「Tangible-3Dテレビ電話」などが挙げられている。

ちなみにこの実証実験で使用されている「触感デバイス」は、人間が物体に触れた際の触覚や力覚等の触感情報を、モーター等の制御によって人工的に表現する装置。


触感デバイスの種類により再現できる触覚の種類やレベルは異なるが、今回は、手に取り付けたワイヤーと金属アームを利用した装置がそれにあたり、物体の大きさや形、硬さを再現できる。主に、医療やアミューズメント分野で利用されているとのことだ。

なお、2007年6月27日~6月29日まで東京ビッグサイトで開催される、「第15回 産業用バーチャル リアリティ展」の旭エレクトロニクス ブースにて、このシステムを体験できる。

(2007.6.20/japan.internet.com)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-20 23:26 | 周辺機器  

<< Webサイトを人質にとって「み... 米マイクロソフト、「ビスタ」検... >>