「IPv4アドレスは2010年に枯渇」、JPNICが検討会開催へ




 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は6月19日、未分配のIPv4アドレスが2010年に枯渇する問題を議論する検討会を設けると発表した。2007年末までに対応策をまとめる。



 JPNICによると、世界で5つある地域インターネットレジストリが、新たに分配できるIPv4のIPアドレスは2010年後半にも在庫切れになることが予測されている。国内ではJPNICが上位の地域インターネットレジストリであるAPNICからIPアドレスの供給を受けていて、APNICの在庫が枯渇すれば、国内でもIPアドレスの新たな分配ができなくなる。IPv4アドレスの枯渇については、APNICのチーフサイエンティストであるGeoff Huston氏がWebサイトで予測している。

 IPv4アドレスの枯渇については「IPv6に移行していくことが根本的な解決方法」(JPNIC)。JPNICが主催する検討会でもIPv6への移行の技術的な課題の洗い出しや、国内ビジネスへの影響などを議論する。大学研究者を中心に10人前後のメンバーが参加する見通しで、6月中に初会合を開く。

 JPNICはほかにIPv4アドレスの枯渇についての情報提供を活発化させる方針。分配したあとに使われていないIPv4アドレスの回収も進めて、既存IPv4アドレスの保持にも取り組む。
(2007.6.19/ @IT)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-19 19:52 | インターネット総合  

<< YouTube日本語版が公開に 「Web2.0は大嫌い」とひろ... >>