テレビ東京:セカンドライフ進出 昭和の町並み再現、コスプレ大会も




 テレビ東京は18日、世界で700万人以上が登録するPC用オンラインゲーム「セカンドライフ」に参入することを明らかにした。ゲーム内に昭和の町並みを再現し、その中でコスプレ大会などを展開する。日本のテレビ局が「セカンドライフ」に参入するのは初めて。




 同局は、「セカンドライフ」の広告媒体としての検証するため参入する。第1弾企画として7月2日~8月31日、ゲーム内に昭和30~40年代の町並みを出現させ、日本の夏祭りを再現するイベント「テレビ東京 テレトロ祭り!2007」を開く。ゲーム内での屋台巡り、アニメ番組の関連企画などを展開、ユーザーのオリジナル衣装で競うコスプレ大会も開催する。

 「セカンドライフ」は、米リンデンラボ社が運営する多人数接続型オンライン(MMO)RPG。仮想空間の住人となって、ショッピング、娯楽、建設など現実空間と同様の生活が送れる。電通やセシール、インデックスなどの有名企業が参入している
(2007.6.19/毎日新聞 まんたんウェブ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-19 19:50 | インターネット総合  

<< 「Web2.0は大嫌い」とひろ... ブルーレイだけ取り扱い拡大・米... >>