ブロードバンド、95%の世帯で利用可能に・総務省


 総務省が15日発表した「ブロードバンドの整備状況」によると、ブロードバンド(高速大容量)通信を申し込めばいつでも利用できる世帯数が3月末で4863万世帯と総世帯数の95%に達したことが分かった。約2600万世帯が実際に利用している。総務省は2010年までにブロードバンド環境が未整備の地域をなくす計画を立てている。(2007.6.16/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-16 09:57 | インターネット総合  

<< 日立、センサーネットを利用した... 「ネット・ゲーム中毒を精神障害... >>