「ISPの委託業者です」という電話に要注意、IDやパスワード聞き出す詐欺




 JPCERT/CCは、ISPの委託業者を名乗って電話をかけ、IDやパスワード情報を聞き出そうとする詐欺に対する注意を呼び掛けている。

 「こちらはインターネット接続プロバイダー(ISP)の委託を受けているものです。PCの設定変更が必要なのですが……」。このような電話がかかってきたら要注意だ。

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)によると、ISPの委託業者を名乗って電話をかけ、IDやパスワード情報を聞き出そうとする詐欺が報告されている。JPCERT/CCでは6月14日付でアラートを公開し、ユーザーに注意を呼び掛けた。

 この詐欺ではISPの委託業者を名乗り、スパム対策として取られているOP25Bの設定案内を口実に、IDやパスワードを聞き出そうとする。また会話の流れをうまく使い、ユーザーが利用しているISP名を特定しようとするという。典型的なソーシャルエンジニアリングの手口だ。

 対策は、こうした電話がかかってきても取り合わないこと。また、もしこうした電話を受け、IDやパスワードを伝えてしまった場合には、早急にパスワードを変更し、場合によってはISPに相談することも検討すべきという。
(2007.6.15/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-15 19:43 | インターネット総合  

<< 「ネット・ゲーム中毒を精神障害... 経団連主導のコンテンツポータル... >>