経団連主導のコンテンツポータルがオープン

日本経団連が中心となって検討してきたコンテンツポータルがオープンした。映画や音楽、アニメなどの情報を検索できるが、収録情報はまだ少ない。

 民放キー局や著作権管理団体などで構成するコンテンツ・ポータルサイト運営協議会はこのほど、映画や音楽、アニメなどの情報を検索できるポータルサイト「ジャパン・コンテンツ・ショーケース」を開設した。

 日本経団連のエンターテインメント・コンテンツ産業部会が中心となって検討してきたサイトで、企業間のコンテンツの2次利用を促進し、国内外に向けて日本のコンテンツのブランドイメージを向上させる役割を担うとしている。


ゲームカテゴリーもあるが、収録作品はまだ1つもない
 音楽、映画、コミック、アニメなどのコンテンツをキーワード検索し、作品名や制作スタッフなどの情報を調べられる。検索可能なコンテンツは現在、音楽が223万5756件、映画が49件、アニメが4件、コミックが5万8901件など計約300万件。

 見つけたコンテンツを2次利用したい事業者は、会員登録して審査をパスすれば、権利者に関する情報を調べられる。

 トップページには知的財産権などに関する利用規約を掲載し、同意しないとアクセスできない。

 サイトの運営は、協議会会員の映像産業振興機構が行う。運営費は会員企業が提供。経済産業省、総務省、文化庁からも支援を受けている。

 英語表示にも対応した。今後は中国語による表示にも対応し、コンテンツの国際ポータルにしていきたいとしている。
(2007.6.15/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-15 19:31 | インターネット総合  

<< 「ISPの委託業者です」という... 検索広告の重要度、低下の見込み... >>