ウィルコム、PHS販売に割賦販売制度を導入



 ウィルコムは14日、PHS電話機の販売に割賦販売制度「ダブルバリューセレクト」を導入すると発表した。スマートフォン「アドバンスドW―ZERO3es」など7月に発売する3機種から適用する。

 同制度は(1)電話機の24回(通常24カ月)均等分割払い(2)24カ月にわたって月々の利用料金から一定額を割り引く(3)追加負担なしで水没、全損を補償する-という三つのサービスで構成。同社の利用者が機種変更を行う場合が対象になる。

 例えば同esを購入する場合、一括払いなら5万4240円を月額2260円の24回払いとし、同時に月額525円を割り引く。同制度を使って機種変更することで結果として5760円分が割安になる。途中解約すると残りの期間分を一括で支払うことが求められる。(2007.6.15/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-15 11:52 | 周辺機器  

<< 検索広告の重要度、低下の見込み... マイスペース、国内利用者向けに... >>