iPodを操作できる“Tシャツ”、日本上陸




 アクシーズクインは6月14日、iPodを収納し操作できるTシャツ「grooveRider」を6月15日より販売すると発表した。2005年から同社が販売を取り扱っている“frischware”Design und Handels GmbH(本社:オーストラリア)のモバイル収納ブランド「URBAN TOOL」の製品だ。



 シャツの前面左部分についているインタフェースをつかって、iPodをリモートコントロールできる。ウェブサイト「urbantool.jp」と、コンセプトショップ「Nor・buling・kha」(ノルブリンカ)にて販売する。価格は2万4150円。

 新製品はURBAN TOOLのiPod収納シャツ「iShirt」をベースに作られたもの。ケーブル部分の露出を極力抑え、iPodとの一体感を高めたスポーティなデザインにした。身ごろの前面左下にあるポケットにiPodを収納して、服の内部にあるドックコネクターでiPodとインタフェースを連動させる。

 男性用の「grooveRider men's」はM/L/XLの3サイズ、女性用の「grooveRider women's」はXS/S/Mを用意した。ともにカラーはブラック。速乾、吸汗のストレッチ素材を採用し、iPodとコネクターボックス以外は水洗いが可能だ。

 またNor・buling・khaでは世界で600枚のシリアルナンバー入り初回限定版“Limited 1st Edition”を販売するほか、実際にiPodを使ったgrooveRiderを操作できるスペースを設置する。
(2007.6.14/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-14 18:01 | 周辺機器  

<< YouTube、著作権保護コン... 検索エンジンの理想の広告形態は... >>