日本のネット人口、8000万人を超えた




 「INTEROP TOKYO 2007」が開催されている幕張メッセの国際会議場で、13日にインプレスR&D社による「インターネット白書2007」の記者発表会が行われ、日本のインターネット人口が、8,000万人を超えていることがわかった。

 この発表会では、今年の白書で取り上げられている主要な統計データについてのプレゼンが行われた。それによると、日本のインターネット人口は、今年3月時点でついに8,000万人を超え、またブロードバンド(ADSL以上)の世帯普及率も50%を超えたという。

 なお、「INTEROP TOKYO 2007」と同時に行われている「INTEROP MEDIA CONVERGENCE(IMC)」では、「ブログやSNSなど多様化するインターネットメディアへの広告配信」「TVや携帯電話などマルチデバイスに対応したプラットフォームの提供」「API開放による企業側の基幹システムとの連携強化」などをテーマにセッションが行われた。

 オリコンがこれまでに行った様々な調査の中で、例えば「引越しして、まず済ませておきたい手続き」に関する調査では、【電気・水道・ガス】といったライフラインに関するものが多くあがった中、【インターネット接続】といった回答もみられ、ネット環境も今やライフラインの一つになっていることがわかった。また、「あなたは何に夢中になっているか」という調査では、なんと約3割もの人が「ネット中毒」を自覚していることもわかり、様々な角度からネット人口が増えている状況を感じることができた。( オリコンが発表する様々なランキングはこちら )。

 ネットによるコミュニケーションがさらに活発化することで、広告の在り方からメディアの倫理観などが、さらに問われる時代になっていく。
(2007.6.14/オリコン)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-14 17:57 | インターネット総合  

<< 「○×様から電話です」──20... FNETS、5ギガヘルツ帯無線... >>