Microsoft Office Outlook Connectorのβ版がリリース

Outlook Connectorは、OutlookからWindows Live Hotmailのアカウントにアクセスするためのツール。

 Microsoftは6月11日、Outlook 2003または2007からWindows Live Hotmailのアカウントにアクセスできる「Microsoft Office Outlook Connector」のβ版をリリースしたと発表した。β版は無料でダウンロードできる。有料のMSN Premium、Office Live EssentialsまたはOffice Live Premiumユーザーなら、Outlookのカレンダー、タスクやメモも、Live Hotmailと同期させることが可能だ。

 Outlook Connectorのβ版は、Webサービス(Hotmailなど)を同期するための新プロトコル「DeltaSync」を採用している。以前のバージョンでは、DAVでメールを同期していた。

 Outlook Connectorをインストールすると、Outlook Connector Toolbarが表示され、メールサーバの状況が分かる。サーバ状況には、Hotmailアカウントの残り容量、同期の最中でエラーが生じたかどうかの情報も表示される。またメールだけでなく、Windows Live Contactsも同期される。

 複数のHotmailアカウント、Live Custom Domain、Office Liveアカウントを、Outlookプロフィールで一括管理することが可能になる。

 またVistaユーザーなら、Outlook 2007に同期したLive Hotmailのメールを、スタートメニューから検索することができる。(2007.6.13/IT Media)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-13 18:36 | インターネット総合  

<< 非接触IC型電子マネーは「Ed... 「PCは遅い!」、ユーザーの6... >>