Google Readerで障害、約半数のユーザーに問題



 Googleは6月11日、RSSリーダー「Google Reader」で一時的に障害が起きたことを報告した。

 この障害の間、約半数のユーザーが購読フィードを失ったという。ただし実際にはデータは消えておらず、一時的にアクセスできなくなっただけだとGoogleは説明している。同社のシステムはデータを重複して保管しており、1時間以内にこの障害を特定し、修正できたという。

 Google Readerを動かしているシステムのうちの1台に問題があった場合に、このような障害が起きる可能性があると同社は述べている。
(2007.6.12/ ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-12 18:31 | インターネット総合  

<< 検索ユーザーの目線はどう動く ... 米アップル、最新OS「Mac ... >>