最小コンバーチブルUMPC「LOOX U」個人向けに発売



 富士通は6月12日、世界最小のコンバーチブル型PC「FMV-BIBLO LOOX U」を個人向けにカスタマイズしたモデルを同社Webサイトで発売した。13万9800円から。


 米Intelの「Ultra Mobile Platform 2007」を採用したUMPC。180度回転する5.6インチ液晶ディスプレイを備え、通常のノートPCスタイルとタブレットスタイルを切り替えて使えるコンバーチブル型になっている。重さは約580グラムはコンバーチブル型Windowsマシンとしては世界最小としており、大容量バッテリー時で約8時間駆動するモバイルマシンだ。

 企業向けの「FMV-LIFEBOOK U」を5月に発売していたが、個人向けにも「カスタムメイドモデル」を発売する。Windows XP ProfessionalとIntel製A110/800MHzプロセッサを搭載し、512Mバイトメモリ、約30GバイトHDD、無線LANなしの構成で13万9800円。

 仕様は変更でき、メモリを1Gバイト(オンボード)にする場合は+1万円(期間限定で+5000円)、HDDを40Gバイトにする場合は+5000円、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g)追加は+5000円、大容量バッテリパックは+3000円(期間限定で+1500円)など。

 現在、100人限定で「新製品モニター」を募集している。16%割引の特別価格で購入できるかわりに、後日電子メールでアンケートに答える必要がある。

 Windows Vistaを搭載した個人向けモデルの発売も計画しており、2007年度上半期(4~9月期)中に全国で店頭で発売する予定。
(2007.6.12/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-12 17:25 | PC  

<< 米アップル、最新OS「Mac ... 最小コンバーチブルUMPC「L... >>