スパマーも必死? スパム対策組織にDDoS攻撃




 スパム対策組織のWebサイトに対し大規模なDDoS攻撃が仕掛けられている模様だ。SANS Internet Storm Centerが報告した。

 SANSによると、6月7日の時点でSpamhaus、SURBL、URIBLといった著名なスパム対策組織が攻撃の対象となっている。また、スパムフィルタのSpamAssassin向けルールを提供しているRules Emporiumのサイトもつながらなくなっているが、これもDDoS攻撃によるものなのかどうかは不明だという。

 なお、日本時間の9日午前現在、これらサイトの一部は依然としてつながらない状況が続いている。

 セキュリティ組織への攻撃としては、昨年、BlueSecurityを標的として、マルウェアのStormを使った攻撃が仕掛けられたが、今回の攻撃はこれと似ているという。

 ただ、スパマーが躍起になってこのような攻撃を仕掛けているところを見ると、スパム対策ツールはうまく機能しているとも解釈できる。そうでなければスパマーは自分たちのリソースをこんなことに利用しないだろうとSANSは指摘している。


(2007.6.11/ITmediaエンタープライズ)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-11 17:22 | インターネット総合  

<< QUALCOMM、輸入禁止命令... 「Skype To Go」で、... >>