オリジナルの「Let'snote」を組み立てよう! 松下が「手づくりLet'snote工房 2007」の開催を発表




 松下電器産業は6日、ノートPCの製作を体験できる「手づくりLet'snote工房 2007」の開催を発表。小・中・高校生を対象に8月25日に開催。場所は兵庫・神戸工場。

 このイベントは、子供たちに社会体験活動の機会や、地域社会への関心をもってもらう場を提供することと、自ら学び考える力や豊かな人間性などの「生きる力」を育むことを目的に02年から開催されている。

 当日は、実装から組み立てまですべてを行っている同社の神戸工場で、PCができるまでを体験学習する。同社のノートPC「Let'snote」シリーズの「CF-R6」を対象に、ネームプレートやカラー天板が用意され、オリジナルPCの組み立てを体験できる。

 CF-R6は、10.4型液晶を搭載し、約7.5時間のバッテリー駆動時間を実現したモデル。約940gの軽量ボディに、76cm落下試験を実施した堅牢性をもち、キーボード全面防滴仕様というタフな設計が特徴だ。
(2007.6.8/RBB TODAY)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-08 11:54  

<< <いじめ動画>加害生徒が携帯サ... PHPパッチ、一部の脆弱性は未修正 >>