ウィルコム、幅50ミリの[es]後継機「Advanced/W-ZERO3[es]」発表





 ウィルコムは6月7日、Windows Mobile 6 Classic日本語版を搭載したシャープ製スマートフォンの新モデル、「Advanced/W-ZERO3[es]」(WS011SH)を発表した。発売は7月中旬予定で、ウィルコムストアでの新規契約価格は2万9800円(ウィルコム定額プラン+データ定額加入時)。



 新端末のリリースは、4月に開催されたWILLCOM FORUM & EXPO 2007で同社社長喜久川政樹社長が予告していたほか、ティーザーサイト「x-w.jp special website by WILLCOM」でもスペックや外観の一部を公開していた。

 Advanced/W-ZERO3[es]の最大の特徴は、ティーザーサイトでも画像が表示されていた、ジョグ機能を内蔵した十字キー“Xcrawl”(エクスクロール)を搭載した点。表面をなぞると画面のスクロールなど各種操作が行える。また横幅は50ミリに抑えられており、一般的な音声端末により近づいた。スライド式のダイヤルキーを装備しながら最薄部の厚さは17.9ミリとなっており、国内のQWERTYキーボード付きスマートフォンとしては最薄で、重量も157グラムと国内最軽量を実現している。ディスプレイはワイドVGA(480×800ピクセル)表示に対応した3インチのモバイルASV液晶で、液晶テレビAQUOSで培った高画質化技術を採用した。

 通信機能としてはW-OAM対応のW-SIM「RX420IN」を同梱するほか、W-ZERO3[es]にはなかったIEEE802.11b/g準拠の無線LANを標準搭載している。Bluetoothは非搭載ながら、赤外線通信機能は高速通信規格IrSimple対応になった。


 「W-ZERO3[es] Premium version」で好評だった名刺リーダー機能や英和・和英・国語辞典、英文ビジネスレター事典を収録した電子辞書「DicLand」も搭載。イラストや写真などを添付して送れる「手書きメール」などの新機能も用意した。

 なおAdvanced/W-ZERO3[es]発売に先立ち、ウィルコムストアおよびウィルコムプラザ、主な販売代理店で6月29日から予約販売を行う。ビックカメラ有楽町店とヨドバシカメラマルチメディアAkibaでは、6月29日から7月1日までの3日間、タッチ&トライイベントも開催する予定だ。
(2007.6.7/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-07 15:19 | 周辺機器  

<< 5月携帯電話契約の純増数、ソフ... 次はPSPフォン?--ソニーの... >>