中国製MP3プレーヤー、検査合格率3割にとどまる―中国



2007年6月5日、信息(情報)産業部がIT製品を対象とした2006年サンプリング検査結果の報告を発表した。報告によると、メーカー32社が生産しているMP3プレーヤー32種類のうち、合格したのは11製品だけで、合格率はわずか34.4%に過ぎなかった。

2007年6月5日、信息(情報)産業部がIT製品を対象とした2006年サンプリング検査結果の報告を発表した。報告によると、メーカー32社が生産しているMP3プレーヤー32種類のうち、合格したのは11製品だけで、合格率はわずか34.4%に過ぎなかった。


不合格となった原因は、主に(1)周波数が狭い、音質が悪い、録音出力レベルと録音周波数範囲の指標が低い(2)電源アダプターが国の安全・電磁許容基準を満たしていない―の2項目だったという
(2007.6.7/Record China)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-07 09:12 | 周辺機器  

<< Mac OS X向けブラウザ「... ブログ・SNS──書き込みも過... >>