東芝、中小企業向けパソコンセキュリティシステムを製品化



 東芝は4日、中小企業向けパソコンセキュリティシステム「PC運用上手」を製品化し、7月31日から発売すると発表した。小規模サーバにパソコン操作監視・制御、検疫ネットワークなどソフトウエアを搭載した。従業員500人以下の企業を対象に機能を構成した。企業の内部統制対策への意識の高まりによる需要拡大を見込む。価格は30ライセンス機種で102万9000円から。

 中小企業向けサーバ事業の強化策の一環。新製品は東芝情報機器(東京都品川区)が販売する。情報漏えい対策に必要なセキュリティ機能を1台に搭載。DVDドライブやUSB機器などの使用や、特定アプリケーションの実行、ウェブサイトへのアクセスを監視、制御することで情報漏えいを防止する。高度な専門知識がなくても手順通りに処理することで、システムのセットアップができるように工夫した。
(2007.6.4/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2007-06-04 20:40 | インターネット総合  

<< 高速・軽量パソコンが続々、富士... 無職から社長に――「字幕.in... >>